お探しの方必見!医学部予備校in東京

HOME > 医学部の予備校について~東京編~ > 医学部予備校に通うメリットとデメリット

医学部予備校に通うメリットとデメリット

医学部の入試は募集定員は少ないこともあり、競争倍率が高くなっています。
そして国立大学の医学部は学費も安く済みますので、さらに競争倍率は高くなります。
そうした現状がありますので、医学部を受験する際にはしっかりとした受験対策が必要になります。
それに年々医学部の入試問題は難しくなってきています。
高校の授業だけでは到底学力不足になりますので、予備校に通うことが必要になってきます。
東京都内にある医学部の大学を受験する場合には、地方の大学と比べると受験生も多くいますので、それらのライバルに勝つために医学部予備校に通う必要があります。
ただしこの医学部予備校に通う際にはメリットもありますがデメリットもありますので、その両方のことを踏まえた上で通うことが大切になってきます。


医学部予備校に通うメリットは、大手の有名な日本全国各地に展開している予備校よりも医学部受験のみに特化しているので分析力や対策に秀でるものがある点です。
短期間で医学部受験に合格できるようにカリキュラムが組まれていますので、無駄な学習がありません。
効率良く医学部に合格できる学力を養うことができます。
つまり要点を抑えた学習をしていくことができますので、無駄が一切ない効率的な学習ができるようになります。
そのことで短期間で医学部に合格できる力を身に付けることが可能になります。
また他のメリットは生徒のことをよく考えられていますので講師と生徒の距離が近く、いつでも質問できる環境が整っていることです。
講師室には常に講師が待機していますので、生徒からの質問に常時対応できるようにしています。


一方医学部予備校に通うデメリットは、大手の有名な予備校とは違ってどうしても予備校の規模が小さくなってしまう点です。
それによって、在籍している講師の数が少ないので、それだけ自分自身と相性が良い講師と巡り合える確率が下がります。
医学部予備校には元々優秀な講師陣が集まっていますので、講師の数が少なくてもどの講師も質が高いものになっています。
ですが、いくら優秀な講師であっても自分自身との相性が良いかはまた別の問題となってきます。
講師の数が少なければ、自分自身と相性の良い講師がいない可能性も出てきます。
また他のデメリットは、学費が高額になってしまうことです。
経済的負担が重くなりますので、生半可な気持ちでは通うことはできません。
学費は300万円から高い所であれば500万円近くの学費がかかることもあります。

次の記事へ

上へ戻る