お探しの方必見!医学部予備校in東京

通う前に医学部予備校の特徴を知ることが大切

HOME > 医学部の予備校について~東京編~ > 通う前に医学部予備校の特徴を知ることが大切

通う前に医学部予備校の特徴を知ることが大切

東京都を含めて日本全国各地には医学部の大学があります。
そうした医学部に合格するためには、高校の授業や独学での勉強だけでは現実的には足りません。
それは年々医学部の難易度は上がってきていますし、募集定員も他の学部と比べても少ないことから狭き門となります。
また国立大学の医学部となりますと、学費の安さからかなりの受験生が殺到します。
つまり競争倍率も比例して高くなります。
そうした背景もありますので、医学部を受験する人は、早い段階から予備校に通って対策を講じています。
その予備校ですが、日本全国各地にある大手の有名な予備校もあれば地域密着の医学部に特化した予備校もあります。
どちらを利用するかは、各々のニーズによって異なります。
各々の予備校によってニーズに合う合わないはありますので、よく調べてから選ぶようにすることが大切です。


近年の難化傾向にある医学部の入試を攻略するには、予備校に通った方が良いというのは多くの受験生の見識となっています。
ただし予備校ならどこでも良いというわけではありません。
各々の予備校によって特徴がありますので、その特徴に合っているかどうか判断しなければいけません。
つまり、自分自身のニーズに合っている予備校を選択することが大事になってきます。
医学部に特化した予備校であれば、個別指導のスタイルが多くなっていますし、大手の有名な予備校であれば集団での指導となる傾向があります。
個別指導が良いのかそれとも集団での指導の方が良いのか、考える必要があります。
また自分自身と相性の良い講師がいるかどうかも選ぶための重要なポイントになります。
どんなに優れていて有名な講師でも、それが自分自身に合うかは全く別問題になります。
学力を伸ばすためには講師の質ももちろん大事なことになりますが、それと同じくらい重要なのは、講師との相性です。
相性が良ければ知識の吸収も早くなります。


最後に予備校に通う場合には当然ながら費用がかかります。
大手の有名な予備校であっても、1年間通うだけでも100万円前後の費用がかかることもあります。
まして医学部予備校の場合には、医学部受験に特化していることもあってより費用は高額になります。
だいたいの相場は300万円から500万円程度になります。
どちらの予備校に通う場合にも費用はかかってきますので、充分に通う前に各々の予備校の特徴を調べることが大切です。
インターネット上にある医学部受験に関する予備校の比較サイトを活用すれば、複数の予備校の特徴を調べることができますのでおすすめです。
また、実際に授業を受けてみることもおすすめします。
多くの予備校では、お試しの授業を受けることができる体制になっています。
実際に授業を受ければ学校内のことや講師のことなどが分かってきますので、より失敗しないで予備校を選ぶことができます。

上へ戻る